2013/09/24 4日目

 

展示が始まって4日間がたちました。

初日3日間は、連休だったので、ギャラリーで過ごすことができました。

たくさんの方、多分70人以上の方が立ち寄ってくださって、

お話しできて、とても嬉しかったです。

 

 いろいろな予定や用事があるはずの中、

わざわざ時間をさいて、足を運んでくださることの

 ありがたみをひしひし感じています。

 自分も、普段、いろいろ見たいなあと思うイベントや展示があっても、

ついつい行きそびれたり、時間とれなかったり、

そんなことがしょっちゅうあるのに・・・

 

自分の写真は自分にとっては見慣れたものでしかないので、

見てくださった人が感想を伝えてくださって、

他の人から見たらこんなふうに見えるというのを聞くことができるのが

とてもおもしろくて、嬉しかったです。

 

目線がやさしいとか、やわらかいとか、自然とか素直とか。

昔から、写真に関してはそう言ってくださる方が多かったですが、

自分の性格や嗜好は、ぜんぜんそうじゃないと思っていたし、

以前はそう言っていただくたびに、なんだか、

みんなを騙してるんじゃないだろうかと

奇妙な罪悪感を感じることもありました。

 

でも、今回いろんな方が言ってくださった、そのような言葉を

昔に比べてストレートに受け止められるようになったことに気付いて、

自分でかなり驚きました。

 

今回撮らせていただいたモデルさん達、

思い返してみたら、みなさんいい意味で相当個性的で、

濃いメンバーだったように思います。

akiちゃんのアクセサリーも、実はなかなかパンキッシュなデザインだし。

だから、もっとエキセントリックな展示になっても不思議ではないのに、

やわらかい雰囲気にまとまったのは、良くも悪くも

それが自分の持ち味なのかもしれないと納得しました。

まったく気取った要素がないですねと言ってくださった方もいて、

そうそう、どうしたって気取れないんだよな~とも思ったし。

気取ってるのも素敵だと思うのだけど。

 

でも、気負いはあるんですけどね。

ぜんぜん、さらっと撮ってるわけではなくて、毎回必死でした。

 

単純に好きなものを撮ってるのが伝わって、

見たら不思議といい気分になったと言ってくれた

初対面の方の言葉も嬉しかったです。

 

被写体に対する愛を感じたと言ってくださった方も。

もしかしたら、愛というよりは恋かもしれません。

今回モデルさんになってくださった方全員と

akiちゃんのアクセサリーをわたしは本当に素敵と思って撮っていたので、

その時々のときめき感があふれている気がします。

 

そして、やっぱりこれだけ撮れたのは

本当にakiちゃんのアクセサリーあってこそというのをつくづく感じて、

自分でも、akiちゃんのアクセサリーと自分の写真の相性はすごくいいと思うし、

出会えてよかったなと心から思います。

 

明日水曜日はお店の定休日です。、

木金 仕事が閉店の9時前に終わったら、ギャラリーに寄ろうと思っています。

今日は8時半くらいに寄りました。

日中、ギャラリー内は無人ですが、展示はしています。

 来週土日はまた一日在店する予定です。

 

日曜日は搬出があるので、7時くらいで閉めるかもしれません。

flow summer flower

Aki Sato

Kazumi Sato

 

ふたりが展示に向かう

でこぼこ道の

記録

 

written by Kazumi Sato